​ブログ

Please reload

​サイトコンテンツ

© 2018 Moxafrica Japan

支援する! 応援する!

モクサアフリカジャパンでは途上国でのお灸による健康支援とその活動のため、皆さんからの支援を必要としています。お灸の力で人々を救う! ぜひご参加ください!

モクサアフリカジャパンの活動を知る・協力する

モクサアフリカジャパンの活動報告イベントやボランティア募集等をお知らせするため、以下より会員サポーター登録をお願いします。

取得させていただきました個人情報は、以下の目的の範囲で利用させていただきます。
(1) イベントやボランティア募集等のご案内
(2) アンケートの実施
(3) web、学会等での統計値発表として

モクサアフリカジャパンの活動を支援する

活動を続けていくためにも資金が必要です。会員登録がお済の方は、以下より会費をお支払いください。

moxafrica(英国)&モクサアフリカジャパン(日本)の試算では、3,000円の支援で1人/1年分のお灸を届けることができます。

会費

毎月定額(500円)を会費としてクレジットカードより引落しさせていただきます。

※VISA/Masterがご利用いただけます。上記クレジットカードをお持ちでない場合は、​「お問合せ」よりご連絡ください。

SAVE

for 2

都度支援

■会費以上にご支援いただける方

■治療院などで集めた支援金をご寄付いただける方

以下のモクサアフリカジャパン口座へ直接お振込ください。

​※ゆうちょから振込

​郵便局設置の『電信払込み請求書・電信振替請求書』にご記入いただき、窓口でお手続きください。

​名義:モクサアフリカジャパン
記号:17420
​番号:24595371

※銀行からの振込

銀行に設置してある、振込用紙にご記入いただき、お振込みください。

名義:モクサアフリカジャパン
店名:七四八 
店番:748
​普通:24595371

その他

会社や治療院、病院、その他に募金箱を設置し、募金活動にご協力ください。

ご協力いただける方には、募金箱の設置方法等をお送りします。

以下までご連絡ください。

moxafricajapan.office@gmail.com

あなたが今,できること…

ワンコイン(500円)で

ひとり1か月分のお灸を送ることができます。

モクサアフリカジャパンの活動及び収支

​報告書

■2017年度 活動報告

モクサアフリカジャパンに関するMoxafrica(英国)の創立者マーリン・ヤング氏の声明文

モクサアフリカジャパンは、英国にて政府に正式に登録されているMoxafrica UK(以下Moxafrica)に内包される補助機関であり、Moxafricaの財政状況は英国慈善法により毎年要求される英国慈善委員会に報告されています。

モクサアフリカジャパンの活動は、日本式の直接灸が薬剤耐性結核の脅威に対し補助的な役割を果たすかどうかを体系的に調査するMoxafricaの活動目的とその目標を支援しています。

 

モクサフリカジャパンは、アフリカとアジアにおけるMoxafricaの活動に対する認知の向上、資金の調達、日本にでの活動を支援してくれるボランティアの募集に、一貫して取り組んでいます。 

 

Moxafricaは、日本にいる日本の鍼灸師の方々が、日本の直接灸の可能性に目を覚まし、直接灸が世界に誇る価値がある日本の文化財であるということに気づき、また、直接灸の持つ秘めた可能性が世界の公衆衛生や人類にとって役立つ可能性がありそれが正当に評価されることを願っています。

 

このように、モクサフリカジャパンに関わるチームメートの活動は、Moxafricaの理事たちによって非常に高く評価されています。これは、全力を尽くしている日本チームの献身(完全に未払い・ボランティア)の結果です。

 

モクサアフリカジャパンは2014年より日本での講演や寄付を募る活動から始まりました。当初、集められた資金は日本で良質艾を購入するために使用することを想定し、日本の口座に預金していました(通貨の移動コストを節約するため)。以来、現在でも同様の状態です。

 

2014年以来、Moxafricaは日本での支援者の皆さん、鍼灸学校そして艾会社によりチャリティ活動に使われる艾の寄贈を多く受けることができるようになりました。

 

この頃より全ての寄付金を艾の購入にあてずともよくなり、日本で集めた寄付金はこれから必要になるであろうMoxafricaでのより直接的な活動に使用するために預金されています(イギリスの資金を使っている本チャリティは、UK Charity Commissionへの定期なレポートを行っています)。

 

この預金を保有している日本の口座の正当性に懸念があり、2016年には、会計士に再度確認したところ、モクサフリカジャパンを任意団体とし継続することが経済的に最適であり合法であることのアドバイスをされています。したがって、モクサアフリカジャパンにはNPOである場合に必要となる財務報告の法的要件はない、と考えています。

私たちは活動の公益性と透明性を担保するため、Moxafrica及びモクサアフリカジャパンのウェブサイトに収支報告を掲載します。

(原文)

Statement by Merlin Young, Chair of the Moxafrica Charity about Moxafrica Japan


Moxafrica Japan(www.moxafrica-japan.com) is a subsidiary body supporting the Moxafrica charity which is itself registered in the UK. The Moxafrica charity’s financial affairs are reported to the UK Charity Commission on an annual basis as required by UK charity law.

 

Moxafrica Japan’s activities support the aims and objectives of the UK charity: to systematically investigate whether small cone direct moxibstion might help combat the threat of drug-resistant tuberculosis.

 

In this respect Moxafrica Japan’s activities have consistently focused on promoting awareness of Moxafrica’s activities in Africa and Asia, as well as on raising funds and recruiting support for the charity in Japan. 

 

Moxafrica UK has always been keen to both awaken and excite the interest of Japanese acumoxa practitioners in the therapy’s potential for supporting global public health for the benefit of mankind, believing that direct moxa is a Japanese cultural treasure whose value and relevance for the modern world is under-estimated in its homeland.

 As such the activities of the team involved in Moxafrica Japan have been immensely valued by the UK charity’s trustees, most particularly because of the positive results of all their hard work and the dedication of the Japanese team (which is completely unpaid).


Moxafrica Japan began some activity in Japan in 2014 by spreading the work we do and raising money from personal donations and talks. Initially the money raised was envisaged to be used for buying quality moxa in Japan, and as such all of it it was  reserved in an account in Japan (to avoid costs of currency transfer). This situation has persisted since. 

 

Since 2014 Moxafrica has benefited significantly from the generosity of some moxa producers and Japanese acupuncture schools which have donated significant amounts of moxa for the charity’s use.

 

As such no purchase of moxa has been required, and the money that had been raised has stayed in the Japanese account waiting to be used as more direct activities awaiting a moment when it might be needed for another purpose (the charity itself using its own UK-held funds to support its activities reported annually to the UK Charity Commission).


There was some concern as to the official status of the Japanese account holding this money and In 2016, the trustees consulted an accountant in Tokyo who advised that it would be economically optimal (and quite legal) to keep Moxafrica Japan as a ‘self-regulated body’ for the present. As such there has been no legal requirement for financial reporting as would otherwise be required if Moxafrica Japan were a registered non-profit organisation with a larger income and expenditure.

 

We assure the public about our work and keep the transparency, we dedicate a page on our website, Moxafrica and Moxafrica Japan both, our financial status.